読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BCな日々のメモ

中年にさしかかったところで若年性乳がん。 Breast Cancerな日々のメモ。

しこり発見から告知まで3

告知

水曜日、若めの女性の乳腺担当医の診察。

マンモにはなにも映らなかったらしい。

触診をしてもらう。触り方が、土曜日の医者とは全然違う。

「これだけではなんとも言えないけど...エコーの予約を入れますね。」

あれ、エコーするんだ。まあせっかくだし、なんて思った。

一般外科の先生に診てもらってすっかり安心していた私は、

質問もろくにせず、一番近い次の週の土曜にエコーの予約を入れた。

先生はその日いないが、エコーで診てもらってその日に結果がわかるから、

悪い物でなければそれで終了とのこと。

当然そうなるもんだと思ってた。

あの先生、たぶん大丈夫とか、心配しないでとか言わなかったな、

とぼんやり思いつつも仕事へ。

一週間前に乳がんだと確信していたくせに、

来週の検査は念のためのエコーとなぜか脳内変換していた。

 

今思うと恥ずかしいくらい自分の都合のいいように解釈してる。

病気のことをほとんど知らなかったせいもあるけれど、ほんと単純だ。

結構調べたはずなのだけど、ネットだと自分の知りたいことや

都合のいい部分しか拾えなかったんだろう。

健康診断まで待たなかったことと、乳腺外科がある病院を選んだこと、

初診で安心して放置しなかったことはぎりぎり褒めてあげたい。あ、普通か。


自己検診には限界がある。一般外科や健康診断にも。

やはり乳腺外科での定期的な検査が必要だ。

一年前は自己検診すらしていなかった私がいうのは皮肉なんだけど。