読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

BCな日々のメモ

中年にさしかかったところで若年性乳がん。 Breast Cancerな日々のメモ。

しこり発見から告知まで5

着替えてネックレスをつけていると、
「こちらで今後の治療について説明しますね」と声をかけられた。
えええ!今後の治療っていうことは...マジか。嘘だろ。
画像がうつった画面の前に座る。

もう他の患者さんはおらず、先生とボス。
ボスは50前くらいかな?怖そうな感じではない。
先「ご自身で感じられたこのしこりは、やはり治療が必要なもののようです。
    詳しくは細胞を採って調べてみないとはっきりしないけれど...
    画像をみると悪いものの可能性が高いです。
    エコーでみると、このしこりのほかにも何か小さいものがたくさんうつっていて、
    これはお水とかの可能性もあるのだけれど、
    今言えるのは、左と比べて右のほうがその数が多いってことです。」

ガ━━━━━━━━(゚Д゚;)━━━━━━━━ン! なんていう余裕があるはずもなく。

私「どのくらい進行してるんですか?」

たしか一番最初にそう聞いたと思う。

先「うーん何をもって進行とするかにもよるので...」

と先生は言葉を選んでいる。

今、そういう優しさはいらないからはっきり言えよと思っていると、
ボスらしき先生が言った。

ボ「大きさどれくらいだっけ?」先「3cm弱です」
ボ「乳がんの一つの基準はしこりの大きさ。
    基本的には2cmと5cmというところで線がひける。」

私「治療はどれくらい時間がかかりますか?」
ボ「一般的に、あなたのような若い女性の場合、
    まず化学療法でしこりを小さくしてから手術するのがいいと思う。
  化学療法にだいたい半年かかる。」

え、半年も!?最初の先生は10日といってたのはいったい...。
万が一でも10日程度と思っていた私は、手術は少し調べたが、
治療についてほとんど勉強していなかった。

私「仕事はどれくらい休むようになりますか?」
ボ「仕事...休めない?うーん...

 事務だったら大丈夫かもしれないけど、   

 その感じだと残業とかあるでしょ...。

    副作用は個人差があるけど、できれば休んだほうがいい。

    まあそのあたりはまた検査の後で。」

今まで歯切れがよかったボスも、言葉を選んでいる。
そうか、そんなにキツイのか。

先「悪い物かどうか調べるために細胞をとって検査するのですが、
    今後の治療のことも考えて多めにとります。
    通常はその後にMRIの検査をしますが、先にMRIをした方がいいです。
    ただ...今検査が混んでいるので...年明けになっちゃうかな...」

ええ、そんなに待つの。休みだから仕方ないけど。

ボ「両方年内にねじ込んじゃえよ。

  年明けになるとその後も時間がかかって、あれだから。」

結局水曜にMRI、金曜に組織診。ボスありがとう。
なんだかちょっとだけ泣きそうになった。
お礼を言って、採血して病院を出た。

隣りの駅まで歩いて、近くのカフェに入る。

どうしよう。どうしようもない。

家族への報告、仕事、お金、保険...。


家に帰る前に、休日出勤中の上司に報告、ちょっとだけ泣く。

しばらく通えないだろうジムを解約。

来年一月に期限が切れる脱毛サロンを予約。

不思議とこんな時でももったいない精神が。
ショックは大きかったが、行動は落ち着いていた。

 

細胞診もしていないのに、

乳がんだということはすでに受け入れていた。

同居の家族になんて伝えよう、そればかり考えていた。

検査していることも話していない。

結局、夜になって事実を淡々と伝えた。

 

その後、自室でネット検索。

ボロボロ泣いた。

どうなってしまうのか、わからないことが一番不安だった。