BCな日々のメモ

中年にさしかかったところで若年性乳がん。 Breast Cancerな日々のメモ。

術後9年、元気です。

7月半ばで術後丸9年。

術後は完全無治療、定期検診のみですが、元気にしています。

 

同病の有名人が報道されると、

ほぼ更新のないこのブログにも訪問者が増える模様。

簡単な治療の経緯と、個人的に思うことを。

----------------------------------------------------------------------------

32歳でしこりを自覚し、専門医のいる大学病院を受診。

エコーの時点で、ほぼ乳がんで間違いないと。

このとき2~3㎝。

その後の生検(組織診)でやはり乳がん確定の告知。

浸潤硬癌、ホルモン陽性、HER2陰性。

すぐに術前化学療法(FEC+ドセタキセル)開始

約半年後、33歳で皮下乳腺を全摘出。

ホルモン療法はせず、術後は無治療。

現在まで乳房再建なし、目立ったリンパ浮腫なし。

----------------------------------------------------------------------------

 

治療については一人一人病状も環境も考え方も違うので、

いろいろだとは思います。

ただ個人的には、特に若年性なら、

まずは迷うことなく標準治療、と思っています。

(私はホルモン陽性なのに術後無治療なので、標準治療ではないんですけど)

 

仮に母(60代後半)が乳がんになったら、

抗がん剤を勧めるかと言ったら微妙ですが、

手術はなんとしても受けてもらうつもり。

 

乳房も髪の毛も、命あっての物種。

髪は生えてくるし、再建技術も前よりもっと進んでいるはず。

 

治療を迷っている方は、どうか一つの意見にすがらずに、

幅広く情報収集してください。

 

広告を非表示にする